引っ張り癖、飛びつき癖を藤井聡のしつけ法でなおしました

散歩時に困ることといえば、

・散歩まだ?の要求吠え、

・リードの引っ張り癖、

・他の犬に吠える・飛びつく

・拾い食いなど、

いろいろありますよね。

 

首輪やリードを装着するのも嫌がる犬もいるのでは?と思います。

 

 

藤井聡の【お散歩のしつけ】DVDでは、

散歩中のいろんな悩みについての対処法が

わかりやすく解説されていたので、とても参考になりました。

 

 

 

≪お散歩のしつけDVDの内容≫

・玄関のドアを開けると飛び出してしまう
・勝手に歩いて、リードをぐいぐい引っ張る
・ゆるめて引っ張る
・首輪やリードを嫌がる
・他の犬に吠えたり、飛びついたりする
・拾い食いをしてしまう

 

 

 

うちの犬の場合、引っ張り癖もそうですが

声をかけてくれる人や、すれ違う犬に飛びついてしまうことに悩んでいました。

 

 

実際にDVDを見てみると・・・・

「ダメ!」「イケナイ!」などと、声に出して叱ることが

かえって犬を興奮させていたという事実に愕然・・・。

 

今まで間違っていたことをずーっとやっていたなんて、思いもよりませんでした。

 

コツは無言でしつける事だったんですね。

 

 

引っ張り癖については、

【犬のしつけ基本編】

リーダーウォークの訓練をしていくことが効果的だそうです。

 

 

 

他の犬に吠える・飛びつく犬のしつけでは、

犬の勝手な行動を、リードさばきだけで制御する実演トレーニングが

DVD内に収録されていますが、

これがすごく参考になりました。

 

 

 

 
まだ7ヶ月のいたずら盛りのシェパードでしたが、

1度か2度、しつけを施されただけで、すぐ横を歩く犬に飛びつかなくなったんです。

 

え?こんな早く治るの?とびっくりしました!

 

 

今日からすぐできる方法だったので、

その日のお散歩から、すぐに実践することができました。

 

 

成果は上々!!!

DVDとおり、2,3度やっただけで、飛びつかなくなったんです。

 

 

まだまだ完璧ではないですが、

毎回続けていくうちに、いい子になってくれると思います。

 

 

藤井さんのリードさばきは、ほんと素晴らしいです。

リードさばきだけで、犬が賢く歩くんです。

 

私ももっともっと練習して、

藤井さんのようなさばき方が出来るようになりたいです。

 

藤井聡の犬のしつけ法公式サイトはこちらです。

>>> 犬しつけ ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室<<<

飼い主の性格別 犬のしつけ法

犬のしつけ法は、教えるドッグトレーナーによって様々です。

自分の愛犬には、どのしつけ方がいいか迷っていませんか?

 

しつけ法を選ぶにあたって、
飼い主さんの性格によって、合う・合わない、があるように
私は思います。

 

そこで、
飼い主さんの性格別にピッタリのしつけ法
を紹介したいと思います。

 

1.犬とベッタリ一緒に暮らしたい人

  • 犬と家族や友達のように仲良く暮らしたい
  • ソファに一緒に並んで座ってテレビを見たい
  • 一緒の布団で寝たい
  • リビングでいつも横に座っていてほしい
  • ずっと犬とコミュニケーションを持っていたい
  • 一緒に遊んで楽しみたい
  • 互いに依存し合いたい

犬とべったり一緒に暮らしたい飼い主

 

 

このような人には、犬に優しく声をかけ、愛情たっぷり、感情たっぷりのしつけ法がいいのではないでしょうか?

以下にピッタリのしつけ法と、このしつけ法を実際にやってみた私の体験談も書いています。

犬とべったり一緒に暮らしたい飼い主さんにピッタリのしつけ法

 

 

 

2.犬と上下関係をはっきり持たせた生活をしたい人

  • 犬と人との生活空間を分けたい
  • 警察犬のように育てたい
  • 犬は訓練をして飼うものだと思っている
  • 厳しくしつけたい
  • 自分に忠実な犬に育てたい
  • 競技会を目指している

ご飯のしつけ

 

このような人には、冷静に、無言でしつけて犬に考えさせるしつけ法がいいのではないでしょうか?

以下にピッタリのしつけ法と、このしつけ法を実際にやってみた私の体験談も書いています。

犬と上下関係をはっきり持たせたい飼い主さんにピッタリのしつけ法

 

 

 

3.とにかく簡単にしつけたい人

  • 小さな洋犬を飼っている
  • おて、おすわり、まて、などを教えたい
  • 楽にしつけたい

洋犬のしつけ

このような人には、とにかく犬の問題行動だけを治すしつけ法がいいのではないでしょうか?

以下にピッタリのしつけ法と、このしつけ法を実際にやってみた私の体験談も書いています。

とにかく簡単にしつけたい飼い主さんにピッタリのしつけ法

 

以上、あくまでも私個人の感想、評価ですので、ご了承ください。

犬と上下関係をはっきり持たせたい飼い主さんにピッタリのしつけ法

  • 犬と人との生活空間を分けたい
  • 警察犬のように育てたい
  • 犬は訓練をして飼うものだと思っている
  • 厳しくしつけたい
  • 自分に忠実な犬に育てたい
  • 競技会を目指している

このような飼い主さんはいらっしゃると思います。

ご飯のしつけ

このような飼い主さんは、

元警察犬ドッグトレーナーの経験を持つ藤井聡のしつけ法

がいいと思います。
「犬は家族の一員だと思っているが、犬らしい生活を過ごして欲しい」
という考えの方もおられるでしょう。

 

また、犬はしっかりしつけや訓練をしたうえで飼うのが当然であり、
決して他人や社会に迷惑がかかるような飼い方はしたくないと考えるのも正しい考えだと思います。

 

犬が可愛いからこそ、厳しくしつけて賢い犬に育てたいと私も思います。

 

藤井聡はそんなしつけ法を教えてくれます。

 

藤井聡は、極端に言えば、
『犬には遊びの時間や散歩の時間など必要なく、しつけ訓練こそが遊びや散歩になる』
という考え方です。

と言っても、犬に大きな声で命令したり、押さえつけたり、体罰を与える方法ではありません。

冷静に、無言でしつけるのです。

犬に、『どうすれば飼い主さんに褒めてもらえるのか、喜んでもらえるのか』を考えさせるのです。

 

犬に考えさせる。

 

このような発想のしつけ法は藤井聡だけです。

藤井聡のしつけ法

 

一見、厳しすぎるくらいのしつけ方ですが、
だからこそ効果が早い!と言えます。

 

藤井聡の方法でしつけると、飼い主と犬とが、仲の良い師弟関係のような関係が生まれてくるんですよ。

 

藤井聡のしつけ法の公式サイトはこちら↓
ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

 

無駄吠えのしつけ法

犬が吠えるのは、警戒や恐怖から吠える場合と、何かを要求して吠える場合があります。

警戒や恐怖からくる吠えは、犬の本能ともいうべきものです。

何かを要求しての吠えは、甘えであり、これはしっかりやめさせなければいけません。

 

さて、無駄吠えをやめさせるには、森田誠、藤井聡、遠藤和博の3人のしつけ法のどれが一番効果があったのか・・・・・

 

警戒や恐怖からくる吠えは、「森田誠のしつけ法」も「藤井聡のしつけ法」も同じくらい効果がありました。

警戒や恐怖からくる吠えは、飼い主と犬の間に主従関係や信頼関係を築き、
自分の身が安全だと認識させることが必要です。

飼い主と犬がしっかり信頼関係が出来ており、飼い主がいれば安心と思うようになれば、自然と吠えなくなります。

 

何かを要求しての吠えは、「藤井聡のしつけ法」が一番効果がありました。

「藤井聡のしつけ法」は、散歩やご飯の要求の吠え、来客時の吠え、電話やチャイムへの吠えなど、細かい状況に応じた対処法が説明されています。

森田誠・藤井聡・遠藤和博の犬のしつけ法、比較・ランキング

森田誠・藤井聡・遠藤和博の犬のしつけ法を、おおまかに比較してみました。

そして私が愛犬にしつけてみた効果の高いランキングを発表します。

第1位 森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

森田誠の犬のしつけ法森田誠の犬のしつけDVD森田誠の犬のしつけDVD内容

犬に愛情をもって可愛がりながらしつける方法。

無理やり従わせる方法ではないので、飼い主と犬の間に固い信頼関係が築ける。

しつけの基本は、権威と受け止め

一つのやり方を繰り返す行う方法なので簡単だが根気が必要。

犬も家族の一員として一緒に穏やかに暮らしたい人に適している。

森田誠のしつけ法を実際に購入し、実践してみた詳しい内容はこちら

第2位 藤井聡が教える犬のしつけ教室

藤井聡の犬のしつけDVD藤井聡の犬のしつけ藤井聡の一口給仕法

犬と人とがハッキリした上下関係がある事を目指したしつけ方。

飼い主は強いリーダーシップ意識が必要。

しつけの基本は、リーダーウォーク・ホールドスティル&マズルコントロール・タッチング

あらゆる犬の問題行動に対して、それぞれ解決策が丁寧に解説されている。

警察犬や災害救助犬のような犬に育て上げたい人に適している。

藤井聡のしつけ法を実際に購入し、実践してみた詳しい内容はこちら

第3位 遠藤和博の犬のしつけ講座

遠藤和博の犬のしつけ講座遠藤和博の犬のしつけDVD中身遠藤和博の犬のしつけスマートカラー

スマートカラーとおやつを使って教えるしつけ方。

しつけの基本は、スマートコントロール・スナックコントロール

犬の問題行動に対して、全て同じしつけ法。

気の優しい洋犬に「おすわり」や「ふせ」などの芸を教えたい人に適している。

遠藤和博のしつけ法を実際に購入し、実践してみた詳しい内容はこちら

 

以上のような結果です。

これはあくまでも私個人の感想、評価です。

どのような犬に育てたいか、犬との生活をどのように過ごしたいかによって、

それぞれの家庭にふさわしいしつけ法を選ぶべきだと思います。

私は、家族のように愛犬と一緒に寝て、一緒に遊び、一緒にテレビを見て、仲良く穏やかに暮らしたいと思ったので、森田誠のしつけ法を1位とさせてもらいました。