お留守番のしつけ法

ある統計によると、

約40パーセントの犬がほぼ毎日ひとりでお留守番をしており、

約65パーセントの犬が週の半分以上、ひとりでお留守番をしています。

お留守番をしているワンコは意外に多いんですね。

 

しかし、ワンコのお留守番で困っている事はありませんか?

 

  • ずっと吠えっぱなし
  • 家具などを壊してしまう
  • トイレの失敗
  • 下痢をしてしまう

などなど。

 

ちゃんとしつけておけば、こういう問題もなくなりますし、

長時間のお留守番も出来るようになります。

 

ワンコ自身のストレスやさみしさも減らしてあげることが出来ます。

急な外出や外泊でも、飼い主もワンコも困らなくてすみますよ。

 

お留守番のしつけは、飼い主にもワンコにもとても大切ですね。

 

 

でも、どうしてお留守番が出来ないワンコがいるのしょうか?

 

それは、飼い主さんや家族から引き離された不安によるストレスです。

 

普段、食べる時も、寝る時もずっと一緒にいるワンコなら、

ひとりになるのは不安と恐怖でしかありません。

 

ですから、普段からひとりで居れるように慣らしてゆく訓練が必要です。

 

たとえば、遠藤和博のしつけ法では、

留守番で失敗した事に対して怒るのではなく、

普段からの接し方を再認識する必要があると言っています。

寝る時はひとりで寝るようにする。

吠えてもかまわず無視する。など。

 

また、藤井聡のしつけ法では、

人の出入りに反応しないように慣らしていくのが大切だと言っています。

 

家族の誰かが外出したり帰宅しても、悲しんだり喜んだり過敏に反応しないようにしつけるのです。

知らん顔して出掛けて行って、知らん顔で戻って来る方法です。

 

出掛けたふりをしてすぐ帰ってくるとか、

帰ったふりしてまた出掛けるとかして、

何度も繰り返し練習し、慣らしていきます。

 

 

また、犬が安心して留守番できる環境を整えるのも大事ですよね。

 

留守番中はハウスの中に入れてあげるとか、

時間を忘れて夢中になれるオモチャやグッズを与えるとか。

 

 

可愛い愛犬のために、

いかに留守中に寂しくなく不安を感じることなく過ごせるか

ワンコの立場になって考えてあげましょう。

愛犬の命を守るためにも拾い食いのしつけを!

2016年11月、

路上に置いていたソーセージを食べた飼い犬が死亡する事件が起きました。

何者かがソーセージに毒物を混入させ、置いていたようです。

 

いつもの散歩道に置かれたソーセージ。

それに毒が入っていたなんて!

 

心ない犯行に憤りを感じます。

絶対に犯人を捕まえてほしいです!

 

しかし、このような事件は残念ながら後を絶ちません。

 

愛犬を守れるのは飼い主しか居ません。

愛犬が拾い食いしないように、しっかりしつけておく事が大切です。

 

愛犬の命を守るためにも、ぜひ、拾い食いのしつけは子犬の時からやっておきましょう。

いえ、成犬になってからでも間に合います。

 

拾い食いのしつけには、藤井聡の犬のしつけが一番効果的でした。

詳しくは拾い食いしつけ比較をお読みください。

 

藤井聡の犬のしつけの公式サイトはこちらです。
>>>藤井聡の犬のしつけ<<<

 

 

参照:http://mainichi.jp/articles/20161119/ddl/k30/040/404000c
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000537-san-soci

飛びつき癖をなおす

愛犬が喜んで飼い主に飛びついて来る姿は何とも嬉しいものですが、

度が過ぎるとこれも困った問題となります。

 

飛びつく対象が飼い主だけならまだしも、

それが小さな子供さんやお年寄りなら、ケガをしてしまう恐れがあります。

 

小型犬の俊敏な動き、中型犬・大型犬の力強さで飛びつかれると、

驚いたり怖かったりしますよね。

思わぬ事故につながる恐れもあります。

 

また、他の犬に飛びつくのも要注意です。

飛びついてマウンティングしまう場合もありますし、

それが元でケンカにもなりかねません。

 

 

いずれにしても、飛びつきは危険で迷惑です

飼い主が止めても聞かずに飛びつく癖は直さなければいけません。

 

 

そもそも、なぜ飛びつくのでしょうか?

 

理由は二つあります。

一つは、一緒に遊んで欲しい、かまってほしい、嬉しい、大好きという感情を、

人間あるいは他犬に示すために飛びついてしまうと考えられています。

 

二つ目は、人間、あるいは他犬に対して支配したい気持ちから飛びついてしまう場合もあります。

 

 

ではどうやって飛びつきをなおせばいいのでしょうか?

 

子犬の時はまだ簡単にしつけられます。

飛びつきそうになった時に、くるりと背中を向ければいいのです。

 

でも、少し大きくなってからは、そうもいきません。

 

そこで、プロのしつけ方で直してみましょう。

 

飛びつきをなおすには、森田誠、藤井聡、遠藤和博の3人のしつけ法の、どれが一番効果があったのか・・・・・

 

まず、森田誠のしつけ法は、飛びついた時にリードで強く止め、そのあとでヨシヨシと声を掛けながら撫でて犬の緊張をとってやります。

 

藤井聡のしつけ法は、犬を冷静にさせるために、終始無言で、リードをテンションを緩めた状態からチョンチョンと引っ張り、制止させます。

 

遠藤和博のしつけ法は、ジェントルリーダーをつけることで、犬を大人しくさせます。

 

一番早く効果があったのは、藤井聡のしつけ法でした。

すぐに飛びつきはなくなり、人間や他犬を見てもじっと座っているようになりました。

ゴッドハンド森田の盗み食いのしつけ法

森田誠さんが、テレビ番組「30秒で見せる!47連発日本VS米国!衝撃映像」に出演されました。

一瞬でダメ犬を賢く変えてしまうことから

ゴッドハンド森田と呼ばれていました。

ゴッドハンド森田

 

ゴッドハンド森田は盗み食いをしてしまうコーギーを、

たった10分で賢く変身させるしつけ法を見せてくれました。

 

盗み食いが癖のコーギーは、

机の上に置いた料理を、

飼い主さんが目を離した隙にパクっと盗み食いしてしまいます。

 

卵焼きや野菜炒めなど、人間の食べ物を食べてしまうのです。

生のお肉でさえも食べてしまってました。

盗み食いするコーギー

 

飼い主さんが気付いてコラっと注意をしても、

また目を離した隙にパクっと盗み食いしていました。

 

もし、犬が食べてはいけない食べ物を食べてしまったら大変ですよね。

なんとか盗み食いを治さなければいけません。
そこで、ゴッドハンド森田の出場です!

ゴッドハンド森田

 

 

まずゴッドハンド森田は、コーギーを優しく撫でて安心させます。

そして机の端に料理の皿を並べて、コーギーが盗み食いしやすいように配置します。

少し距離をおいて、コーギーの様子を伺います。

ゴッドハンド森田盗み食いしつけ

 

そしてコーギーがパクっと食べそうになった瞬間に、

隠し持っていた何かを投げました!!!

もちろん犬に当たらないように。

 

隠し持っていた何かとは・・・

金属製の灰皿です!

それも複数枚重ねた物でした。

 

複数枚の金属製の灰皿は、カランカランカランとけたたましい音を立てて転がりました。

すると、その音に驚いたコーギーは盗み食いを一旦止めます。

でもまた盗み食いしようとします。

するとまた灰皿を投げつけます。

 

それをたった2回やっただけで、コーギーは二度と盗み食いをしなくなりました。

 

コーギーが盗み食いをしなくなるまで、たったの10分!

 

たった10分のしつけだけで、

その後もコーギーは全く盗み食いをしませんでした。

 

料理のお皿を目の前に置いても、顔をそむけて食べようとはしません。
盗み食いが治ったコーギー

 

すばらしいしつけの効果ですよね。

 

最後に、また優しくコーギーを撫でてしつけ終了。

 

さすがゴッドハンド森田さん。

ダメ犬を一瞬で賢く変身させました。

 

森田誠の犬のしつけ法の公式サイトはこちらです。
>>>「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

拾い食いのしつけ法

散歩中に、落ちている物を勝手に口に入れてしまうワンコはいませんか?

結構いますよね。

飼い主さんも悩んでいる方が多いはず。

 

うちの子も食いしん坊なので、すぐ拾い食いしてしまうんです。

どんなにこちらが気をつけていても、敵もさる者!(笑)
サッと掻っさらってパクっと口に入れるんです。

そのスピードは感心するくらい早いです。
でも、拾い食いって怖いんですよねー。

もし食べたものに毒が入っていたら・・・と思うとゾッとします。

体の具合が悪くなる場合は十分ありますし、命を落とす危険性だってあります。
悲しいことに、何者かが毒入りの餌を置き、それを食べた犬猫が死んだ、という事件が時々耳に入ります。

 

愛犬の命を守るためにも、拾い食いをやめさせるしつけは飼い主の責任です。

 

 

さて、拾い食いをやめさせるには、森田誠、藤井聡、遠藤和博の3人のしつけ法のどれが一番効果があったのか・・・・・

 

藤井聡拾い食いしつけ
うちの犬の場合は「藤井聡のしつけ法」が一番効果がありました。

藤井聡の方法は、まず餌を投げて、犬がそれに飛びついて行かないように練習します。

そして、犬は飼い主の手からもらえる食べ物だけしか食べないように教えるのです。

さらにわざと餌をいくつか落としておいて、そこを犬が歩く時、素通り出来るように練習します。
この方法で、うちの犬は全く拾い食いしなくなりましたよ。

 

森田誠拾い食いしつけ
森田誠のしつけ法」も、藤井聡と同じようにおやつを撒いておき、そこを犬が歩く時、素通り出来るように練習します。

しかし森田誠はまず部屋の中でしつけをするので、その分、効果が出るまでに時間がかかったように思います。

 

遠藤和博のしつけ法」は、拾い食いしそうな瞬間にスマートカラーでキュっと引っ張るというやり方です。