ブログと運営者の紹介

はじめまして。

柴犬の男の子の飼い主・柴かあさんと申します。

どうぞよろしく。

生後70日柴犬雄

柴犬の男の子が我が家にやってきたのは、生後70日の子犬の時でした。

 

私にとって犬を飼うのは初めての経験です。

しかも、柴犬のような和犬の男の子は、気性も荒く強情なので、
子犬の時からしっかりしつけておかないと、
大きくなったら、飼い主でさえ手に負えないほど凶暴になってしまう・・・と
聞きました。

 

でも、我が家の柴犬ちゃんは、絶対に、賢くて可愛い柴犬ちゃんに育てるんだ!

 

こういう強い思いで、子犬のしつけ方について、かなり勉強しました。

 

甘噛みのしつけ、トイレのしつけ、食事のしつけ、散歩のしつけ・・・などなど

 

色々調べましたが、
体罰を与える、無視するなど、犬に暴力や心理的ストレスを与えるしつけ法、
おやつや食べ物を使って服従させるしつけ法がほとんどです。

 

でも私は、これらの方針に、どうも違和感を感じました。

 

もっと確実に早く効果が出るしつけ法はないものか。

もっと犬に愛情を注いで教えるしつけ法はないものか。

 

そこで辿りついたのが、次の3人のドッグトレーナーのしつけ法です。

  • 森田誠
  • 遠藤和博
  • 藤井聡

この3人のしつけ法を実際に購入し、

犬との主従関係のしつけには、どれがいいのか?
犬の甘噛みのしつけには、どれが効果が早いのか?
犬の散歩のしつけに、一番効果があるのはどれか?
吠える犬には、どれが最も効果があるのか?
より愛情あるしつけ法はどれか?

などなど比べてみました。

 

我が家の柴犬の子犬で実践し、徐々に賢くなっていく愛犬の様子を
備忘録も兼ねて書いていきたいと思います。
皆さんも一緒に見守ってやって下さい。

柴かあさん

 

 

どのしつけにおいても、飼い主の根気と我慢強さが必要でした。

柴犬の子犬のしつけ法で悩んでおられる飼い主さん、
愛情をたっぷり注いで、可愛い柴犬と幸せに暮らせるよう、一緒に頑張りましょうHa Ha

連絡先:shibakaasan☆gmail.com
(送られる時は☆を@に変えて下さい)