初めてのドッグラン時期としつけの必要性

ドッグランは一度は連れて行ってみたい場所の一つですよね。

でも初めてのドッグランはいつ頃からOKなんでしょうか?

 

また、しつけの必要性はあるのでしょうか?

必要ならばどの程度のしつけをしておくべくなのでしょうか?

ドッグランデビューの時期について

 

どこのドッグランでも、狂犬病予防注射、混合ワクチンを受けておくことが必須条件となっています。

ですから早くても出生してから2回の混合ワクチンと狂犬病注射を受けた後・・という事になります。

つまりドッグランデビューは早くても生後4ヶ月からという事です。

 

でもまだ小さくて、か弱いうちにドッグランへ行くのは、私はちょっと心配です。

 

ドッグランの必要性と注意点

 

初めて行ったドッグランで、嫌な思いや怖い思いをして、
犬がダメになってしまったという話しはよく聞きます。

 

他の犬にしつこく追い掛け回されるとか、大きな犬に吠えられたとか・・。

 

それがトラウマになり、散歩で他の犬に合うだけで逃げ回ってしまう子もいるそうです。

 

 

そんな危険もあるのに、そもそもドッグランに行く必要性はあるのでしょうか?

 

もちろん絶対に行く必要はないと思います。

ワンちゃん自身の性格上、ドッグランが合わない子もいますからね。

 

ただ、ドッグランは様々な犬種や年代のワンちゃんと交流できる場所なので、

社会性を身に着けられる絶好の場所です。

 

ベテランのワンちゃんから、挨拶の仕方や遊び方を学ぶことも出来ます。

 

また、飼い主にとっても、リードなしで自由に外を走り回る愛犬の姿が見れる唯一のうれしい場所ですよね。

 

絶対に行く必要性はありませんが、
チャンスがあれば一度トライしてみるのもいいかもしれませんよね。

 

 

ドッグランデビューのしつけの必要性について

 

さて、初めてのドッグランでしつけは済ましておく必要はあるのでしょうか?

 

ドッグランではリードなしで走ったり遊ぶことができます。

また、他の色々な犬種のワンちゃんと触れ合うことが出来ます。

 

だからこそ、やはり最低限のしつけは必要です。

 

何かトラブルがあった時のために、

おすわり
おいで(コイ)
まて
だめ

は最低限出来る必要があります。

 

おすわりまては、
犬を落ち着かせるために必要です。

 

まずドッグランに入る前に、おすわりまてをさせ犬を落ち着かせます。

落ち着いたところで、ゆっくりドッグランに入るようにしましょう。

 

また遊んでいる途中、極端に緊張していたり、逆に興奮して他の犬に攻撃しそうになった時も、

すぐにリードをしてドッグランの外に出し、おすわりまてをさせ落ち着かせます。

 

おいでは、
犬同士が喧嘩しそうになったり、他の犬を追い回している時などに
犬を呼び戻すために必要です。

 

呼び戻すことが出来なければ、だめと注意することも、リードを付けることも出来ませんからね。

 

 

ドッグランデビューの日は、ワンちゃんが慣れるまでリードを着けたままで遊ばせる方がいいと思います。

徐々に落ち着き慣れてきたら、リードをはずして遊ばせてあげて下さい。

 

 

でも、飼い主は自分の犬に目を離さず、何かトラブルが起こりそうになる前に止められるようにしましょう。

 

 

最低限のしつけを手っ取り早く教えるなら、遠藤和博のしつけ法がいいと思います。

>>>遠藤和博のしつけ法公式サイト<<<